税務知識ブログ

M&Aにおける価格相場について解説

M&Aにおける価格相場について解説
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「M&Aにおける企業の価格相場ってある?」
「企業の売却金額はどうやって決まる?」

このような疑問を抱えている人は少なくありません

結論から言いますと、企業の価格相場というものはありません。

また、企業の売却価格は様々な指標を基に決まるため、画一的に企業の価値を図ることは出来ません。

今回はM&Aにおける価格相場、企業価値の決め方について紹介します。

スポンサーリンク

M&Aに価格相場はある?

M&Aにおいて価格の基準となる相場というものは存在しません。

M&Aの価格は、企業の様々な情報や要素を元に、独自に算出しています。

例えば

  • 純資産
  • M&A後の見込み利益
  • 市場価格
  • 無形資産

以上のようなものが価格の算出に利用される要素になります。

それぞれについて詳しく説明していきましょう。

純資産

最も参考にされるが純資産総額です。

企業の価値を図る上で純資産が最も分かりやすく、財務諸表を見れば誰でも比較的簡単に算出出来ます。

純資産を計算する際には

  • 貸借対照表の簿価で計算
  • 簿価を時価に修正した金額で計算

以上のいずれかを選択することになります。

尚、中小企業のほとんどが税務会計ベースで決算していることから、純資産計算時に時価に修正する場合は、企業ベースへの修正の他、損益反映・税効果検討なども求められます。

専門的な知識が必要になるため、税理士などの専門家に計算を依頼することが一般的です。

M&A後の見込み利益

企業の純資産額だけではなく、企業が今後生み出せる利益も企業の価値として算出されます。

買収企業は、事業を買収した後で見込まれる利益を考慮して価格を算出することも多く、利益も売却価格の指標として利用されます。

例えば、分かりやすい指標として「営業権」が利用されます。

<営業権>
過去の営業利益を元に算出した、譲渡・売却後に見込まれる利益のこと

尚、営業権が上乗せされるのは黒字企業のみとなっていますが、M&Aにおいては赤字企業であても営業権が上乗せされることがあります。

例えば、「技術力」「ブランド力」「希少性」があれば、現在赤字企業であっても将来を期待して営業権の上乗せが行われます。

基本的に営業権は過去に実績に対して上乗せが行われますが、場合によっては将来期待される利益に関しても考慮して価格算出に利用されます。

市場価格

市場価格を考慮して企業価格を算出することがあります。

市場価格の算出方法は

  • 同一業種
  • 同一業界

で上場している企業の株式価格を基にしたり、経営指標をベースにしたりして算出されます。

無形資産

無形資産とは「人材」「技術」「ノウハウ」「市場」「流通網」「顧客」「取引先」といったような貸借対照表上に乗らない企業の価値です。

M&Aによって引き継ぐことが出来る無形資産についても価値を上乗せすることが可能です。

尚、無形資産に関しては買手企業の需要によって大きく価格が左右されることがありますが、基本的には競合他社に持っていない強みや何らかの資産がある場合などは価格が高額になる可能性が高いです。

企業を高く売却する方法

では具体的に企業を高く売却する方法について解説します。

企業を高く売却するためには、決算に乗らない無形資産をしっかり評価してもらうことが重要です。

具体的には

  • 人材、技術、ノウハウ
  • 取引先
  • ビジネスモデル
  • 顧客
  • 市場

等が挙げられます。

<人材・技術・ノウハウ>
現在多くの企業が人材不足で悩んでいます。

多くの従業員を抱えている企業は、買収先にとって価値の一つとして見られますし、技術やノウハウを持っていれば更に価値が上乗せされます。

<取引先>
買収先企業にとってM&A後も取引を継続してくれる取引先は価値として認めらえます。

多ければ多い程売上は見込めますし、シナジー効果によって買収企業も自社売上に繋がります。

取引先はシナジー効果を担うポイントになるので、企業価値を算出する際の基準として扱われます。

<ビジネスモデル>
新規事業開拓でM&Aを実施することも多いです。

ビジネスモデルが魅力的であればあるほど企業価値として上乗せされます。

<顧客>
優良顧客を抱えている企業は、企業価値として上乗せされます。

M&Aの目的が顧客リストであることもあるくらいです。

個人情報管理が厳しい現在だからこそ、顧客データは企業価値としてみなされます。

<市場>
大きな市場シェアを持っていることも企業価値として上乗せされます。

規模は大きければ大きい程良いですが、例えば一部の地域に強い、一部の年代に強い等の特徴も、その年代や地域の市場が欲しい会社にとっては大きな価値としてみなされます。

スポンサーリンク

まとめ

  • 企業相場は存在せず、全ての企業が独自に価値算出される
  • 企業の価値は「純資産」から算出される他、無形資産が大きなウェイトを占める
  • 無形資産は「人材」「取引先」「ビジネスモデル」「顧客」「市場」などがある

M&Aにおいて企業価値の算出は重要な業務の一つです。

特に無形資産の価値算出は重要なポイントであり、買手企業の需要によっても大きく価値が変化します。

M&Aで高く企業を売却するためには最もマッチングする企業に売却を打診することが求められます。

早くから仲介業者に登録し、また税理士を初めとした専門家の助言を仰ぎながらwinwinになるようなM&Aになるようにしたいものですね。

M&A相談は税理士など専門家にすることをおすすめします。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
PAGE TOP